読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センスオブカラー 松本英恵のブログ

All About カラーコーディネートガイド 松本英恵のブログ

映画のコラム

映画

f:id:hanaelabo:20141226085743j:plain

おはようございます。カラーコンサルタント松本英恵です。

今年は、映画のコラムを執筆する機会が増えました。写真は、映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』の資料です。

カラーコンサルタントとして執筆するので、ファッションやインテリアのカラーコーディネートに着目するのが最もわかりやすいのですが、作品によっては画面の構成や設計に言及したり、光と影(明暗)やカメラワーク(対象の捉え方)に言及したり、音楽の響きと色の響きを重ね合わせてみたり、自由に書かせていただきました。関係者の皆さまに感謝いたします。

今年、執筆した映画のコラムをリストアップしてみました。

色からモノを好きになる IROYA MAGAZINE

改修をめぐる騒動を描いた「美術館映画」と「新しい美術館の物語」(2014年12月24日)

60年代ファッションの色が映し出す、夢を叶えた人生の光と影(2014年11月21日)

『美女と野獣』レア・セドゥが演じる、好奇心と勇気(2014年11月4日)

60年代ファッションのエレガンスは、細部に宿る(2014年10月10日)

見えない色の記憶を呼び覚ます、モノクロ映像の魅力(2014年10月7日)

映画『バツイチは恋のはじまり』に学ぶ、秋冬のカラーコーデ(2014年9月25日)

美味しい色は、四季の恵みから生み出される(2014年9月16日)

「色の魔術師」イブ・サンローランの仕事着(2014年9月3日)

『ルパン三世』銭形警部の愛用品、バーバリーのトレンチコート(2014年8月26日)

MAKEPO 心を掴む!カラーマーケティングの極意

ハリウッド映画が描く、インドへの憧れと成功のイメージ(2014年10月31日)

華麗なる衣装の色が映し出す、グレース公妃の決意(2014年10月17日)

甘くて、ほろ苦い、映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のピンク(2014年7月11日)

「赤」は主役の色。アクティブなイメージを活かそう(2014年6月27日)

ブルーは熱い色?フランス映画のブルー(2014年6月3日)

 

どの作品もそれぞれ良さがありますが、フランスの女優レア・セドゥの活躍が印象に残りました。