センスオブカラー 松本英恵のブログ

All About カラーコーディネートガイド 松本英恵のブログ

白と黒には理由がある、アメリカ発の瞑想アート

https://instagram.com/p/27xb9PjMDV/

#zentangle #white #black

書店の趣味実用デザインのジャンルでは、大人も楽しめるぬりえが人気。中でも、2013年6月に発売された、ジョハンナ・バスフォードの『ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック』の人気がずば抜けています。

スコットランドの田園地帯の豊かな自然を、手描きのペン画で緻密に表現した作品は、ロマンティックな雰囲気が漂います。従来のぬりえに比べると、多色づかいを楽しめる点が人気の秘訣のようです。

 

ひみつの花園  花いっぱいのぬりえブック

ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック

 

 

ぬりえとは対照的に、白と黒のモノクロームで表現するゼンタングルも人気。ゼンタングルはアメリカ発の新感覚アート。簡単なパターンを繰り返し描くだけなので、絵心がない方にも取り組みやすく、さらに、意識を集中することで、リラックス効果も期待できることから、 瞑想アートとも呼ばれています。

色を使わないのは、理由があるそうです。色を使うと、人間はどこにどんな色を塗るのか考えてしまうから。そういった思考を働かせないために、あえて、モノクロのパターンに限定したのだそう。

グラファイトペンシルのHB、サクラピグマペンの01など、道具の指定はありますが、入手困難なものではありません。私もチャレンジしてみましたが、気の向くままにシンプルなパターンを描いていくだけなので、ぬりえに近い感覚で気軽に始められます。

長時間続けると、手は疲れてきますが、脳はリラックスしたまま。あえて色を使わないことによって、瞑想のような効果が得られる。。。アメリカ発の瞑想ブームは、アートの領域にも広がっているようです。

 

はじめてのゼンタングル

はじめてのゼンタングル

 

 

 

拙書もよろしくお願いいたします♪

和モヨウ配色手帖〜オシャレな“和モヨウ”でもっと磨く配色レッスンBOOK (美術のじかんシリーズ)

和モヨウ配色手帖〜オシャレな“和モヨウ”でもっと磨く配色レッスンBOOK (美術のじかんシリーズ)

 

 

お仕事のお問い合わせは、ホームページへ。