センスオブカラー 松本英恵のブログ

All About カラーコーディネートガイド 松本英恵のブログ

あなたはどのタイプ?服選びの傾向をチェック

こんにちは。カラーコーディネートガイドの松本英恵です。

2015秋冬のトレンドカラー人気ランキング

アメリカのパントン社が発表した、2015秋冬のトレンドカラー10色について、アンケートを行いました。おかげさまで、回答数が3000を超えました。ご協力いただいた皆さまに感謝申し上げます。

f:id:hanaelabo:20150908162647j:plain

アンケート結果をもとに、All Aboutに記事を寄稿しましたので、ぜひ、ご参考に。

allabout.co.jp

 

記事では、ざっくりと3つの傾向をご紹介しました。

  • 差し色にも基調色にもなるブルー系
  • 70年代風レトロなフラワー柄で女性らしく
  • マニッシュな色は、ミリタリーorクラシック

このように、トレンドはひとつではないので、好きなもの、似合うもの、ライフスタイルにあったものを取り入れていただけたらと思います。とはいえ、ファッションアイテムの選び方は、人それぞれ。ファッションに限らず、物事の選択の仕方は、いくつかのタイプに分類することができます。

先日、FOR TIPSに寄稿した分類方法は、会議の進め方という切り口にしましたが、ファッションにも応用することができます。

 

form.allabout.co.jp

 

あなたの服選びの傾向をチェック!

春夏から秋冬へと、クローゼットを入れ替えるとき、ぜひ、ご自分のもの選びの傾向をチェックしてみてください。

縦軸は「Less is more.」と「More is better.」

「Less is more.」(より少ないことは、より豊かなこと)は、ミース・ファン・デル・ローエが掲げたスローガンのひとつ。下図のマトリックスの下半分に該当します。反対は、「More is better.」(多ければ多いほどよい)。下図のマトリックスの上半分に該当します。服が少ない方は、「Less is more.」。服が多い方は、「More is better.」です。

横軸は「similar」と「variety」

次は、マトリックスの左右をご覧ください。右側は、similar=よく似たもの(◯)、左側は、variety=いろいろなもの(◯△□)が並んでいます。

下図は便宜上、形にしましたが、色、イメージ、ブランド、価格帯などでも分類してみるとよいでしょう。

f:id:hanaelabo:20150908163954j:plain

4つのタイプの特徴

右下のLSタイプは、ご自分のファッションスタイルがある人ですが、ワンパターンになりがち。右上のMSタイプは、お気に入りのアイテムを見つける と、色違いを買い揃えるようなタイプ。LSに比べると、MSの方がバリエーションがありますが、基本的なファッションスタイルはあまり変化がないタイプです。

左上のMVタイプは、いろいろなファッションにチャレンジするタイプ。上手に組み合わせると、おしゃれ上手になれます。左下のLVタイプは、スタイルミックス、テイストミックスの名手。ここ数年のトレンドは、左下のLVタイプに該当します。

服はたくさんあるのに…

服はたくさんあるのに、着ていく服がないという方は、おそらく、左上のMVタイプです。いきなり右下のLSタイプになるのは至難の技なので、右上のMSタイプか、左下のLVタイプに近づけるとよいでしょう。つまり、あれもこれも、ではなく、ファッションスタイルを絞り込むと、右上のMSタイプに近づきます。あるいは、コーディネートのパターンをいくつか決めて、ひょっとしたら使うかも?というアイテムを減らすと、左下のLVタイプに近づきます。

お試しあれ。

hanae-labo.com