読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センスオブカラー 松本英恵のブログ

All About カラーコーディネートガイド 松本英恵のブログ

2017年の色「グリーナリー」を求めて:映画『モアナと伝説の海』

マスコミ向け試写会で、ディズニーのアニメーション映画最新作『モアナと伝説の海』(3月10日公開)を鑑賞させていただきました。

 f:id:hanaelabo:20170309094704j:image

2017年の色「グリーナリー」とは?

トレンドカラー情報を発信する、米国パントン社は、カラーリサーチの対象として、特に子ども向けの映画を重視しています。本作も、2017年の色「グリーナリー」の表現が重要な役割を担っていました。

 

allabout.co.jp

ポリネシアの歴史から着想を得た物語

物語の舞台は、神秘的な伝説が息づく南の島と、生命の源である海。ポリネシアの人々は、広大な海を渡り、オセアニアの島々を発見し、盛んに移住や交流を行っていました。しかし、すぐれた航海術を持っていたにも関わらず、今から三千年前、 彼らは突然、海を渡ることをやめてしまいました。そして、今から二千年前、千年の空白を経て、ポリネシアの人々は再び航海に出かけるようになりました。

本作の監督、ジョン・マスカーとロン・クレメンツは、太平洋諸島の歴史の謎にイマジネーションをかき立てられ、16歳の少女モアナの物語をつくりあげました。

気高さを示す、赤とオレンジ

まず、モアナの衣装に注目してみましょう。伝統的なタパ布のトップに、パンダナスのスカート。タパとは、樹皮からつくられた不織布のこと。私たち日本人には、月の中に餅つきをするウサギの姿が見えますが、ポリネシアの人々は、棒で叩いて延ばしタパ布をつくる様子を見るそうです。トップの色は、気高さを示す赤やオレンジを基調にしたプリント柄。貝殻や真珠などの装身具も身につけています。

パンダナスの布も樹皮が原料ですが、細く裂いたものを編んで布に仕上げます。パンダナスの布は丈夫なので、敷物やカヌーの帆にも使われました。

海も登場人物のひとり!?

CGで表現された海は、本作の見どころのひとつ。天候や時の移ろいとともに変化する海の美しさも見事ですが、感情を持ち、モアナに意思を伝える登場人物のような役割も担っています。

物語の鍵を握るテ・フィティ

海がモアナにテ・フィティの心を託したことをきかっけに、モアナの冒険が始まります。心を取り戻したテ・フィティは、生き生きとした「グリーナリー」で彩られます。生命の力、生きる喜びに満ちたテ・フィティは、再び海を渡るようになったポリネシアの人々の心を表していようにも感じられました。

 

www.disney.co.jp

最近、書いた映画のコラムもご覧ください。

allabout.co.jp

 

=======

松本英恵について

プロフィール著書一覧

■連載

All About カラーコーディネートガイド

■カラー&スタイル監修

神話の女神カラーチェック!(HOYA)

■ウェブアンケートにご協力ください。

2017年春夏トレンドカラー、あなたはどの色がお好き?

■連絡先

コラムや取材記事の執筆、カラー診断などコンテンツの監修、研修講師、コンサルティングなどのお仕事を承っております。
ご依頼は、info[at]hanae-labo.comまで。

保存

保存

保存

保存

保存